女性に多く起こる病気|名医に依頼すればバッチシ|下肢静脈瘤を綺麗に治す

名医に依頼すればバッチシ|下肢静脈瘤を綺麗に治す

女性に多く起こる病気

バスト

症状や検査など

乳がんとは乳房の中にできる悪性腫瘍で、患者の9割以上が乳管の細胞ががん化したものです。乳がんの症状はしこりや、皮膚の近くの場合には窪みや腫れが出来たりします。また、乳房のそばのリンパ節が大きくなることで腕がしびれたりむくんだりします。乳がんは早期発見するためにも定期的に検査を受けることが望ましいです。検査にはマンモグラフィーというレントゲン検査や、エコーやMRIやCTなどの画像検査、そして医師の視診や触診があります。乳がんは唯一自分で発見出来るがんですので、視診や触診は胸の張っていない生理後などに自分で行うと良いでしょう。実際に乳がんを自分で発見された方は乳がんと診断された中の7割にも及んでいます。

様々な治療方法

乳がんの治療方法はステージや体調などによっても違います。最も一般的な外科治療は手術で病巣を取り除く方法です。化学療法として抗がん剤も使われますが、これはがん細胞を攻撃して破壊しますが、正常な細胞も破壊することがあるため体への負担が大きく副作用があります。患者の免疫細胞を体外で増やした上に機能を強化させて体内に戻す免疫細胞療法は、患者自身の細胞を使うので副作用が殆ど無く体への負担が少ない治療法です。放射線治療はがんを縮小させる方法で、局所的に行うために体への負担が限定的で高齢の方にも行える治療です。陽子線治療や重粒子線治療はがんの局部に限定して照射を行えるために従来の放射線治療よりも優しい治療となっています。様々な治療法がありますが患者によって方法は違い、併用することもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加