骨にできる腫瘍|名医に依頼すればバッチシ|下肢静脈瘤を綺麗に治す

名医に依頼すればバッチシ|下肢静脈瘤を綺麗に治す

骨にできる腫瘍

男性と女性

骨肉腫は骨にできる悪性の腫瘍です。原発性骨悪性腫瘍の中では最も多く、全体の半数に相当します。罹患者は年間二百人前後で、がん全体で見るとかなり稀な病気です。その割に各メディアから取り上げられるので知名度自体は高めです。骨肉腫において最も特徴的なのは罹患年齢で、七割以上の罹患者が成人前に骨肉腫を発症します。骨肉腫は膝関節や肩関節に多く、股関節や顎にも発生する事があります。骨肉腫は進行スピードが非常に速く、中には一カ月で二倍の大きさに成長する事もあります。腫瘍が増大し続けると殆どの場合、他の臓器へと転移します。肺への転移が一番多く、次いで骨、肝臓、リンパ節が続きます。発見自体は容易に可能なので、早期発見は可能です。

骨肉腫の症状は持続的な痛みとして現れます。しかし、初期症状では軽い痛みしか伴わない為、それが骨の痛みとは気づかず、筋肉痛と誤認されるケースが多いようです。骨肉腫が進行するにしたがって痛みの度合いが強くなり、患部が腫れたり、熱を持ったりします。痛み自体もズキズキと刺すような痛みに変化します。腫瘍の増大に伴い、骨が弱体化するので強い衝撃が加わると骨折を招く事があります。骨肉腫の治療法は該当部位の切除、即ち四肢の切断が一番効果的とされていました。医療技術が進歩した現在では手足を残す形での手術が主流であり、切断の割合は減少しています。骨肉腫は再発のリスクが比較的高い為、例え治癒できたとしても最低五年間の経過観察をしなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加